はんたん記録帳

暮らしの中で、そうか、そうかと思ったことを綴っていきます。今は持ち物記録と荷物の軽量化といざというときの備えに関心が高め。

朝から洗面台の水漏れでパニック

洗面所の床に液体のシミみたいなものがあるのに気づいて、子供が何かこぼしたのかな?と思ったのだけど、その何かがわからない。なんか茶色っぽい感じだし、水道水とか洗剤的なものではない雰囲気。

いやな予感がしてシンク下の収納を開けてみると、いろいろな日用品のストック類とか、長年かかって集めた大量のスーパーボールが網に入ったやつとかの下が濡れているっぽい。うっ、何かが漏れている。洗剤?

物を全部出して見てみると、洗面台の水道の下の部品から水が漏れているっぽい。

水浸し。これが、シンク下収納の床部分を伝って洗面所の床に漏れてきていたのですな。

気づいてよかった。

即、水道局のホームページから修理業者さん一覧を見て、近所の工務店さんに電話。水道局のホームページで紹介されている指定給水装置工事業者さんは一定基準を満たしていると、聞きかじりまして。

www.waterworks.metro.tokyo.jp

ご近所にもありました。

土曜の朝から営業していらっしゃるっぽい、ありがたや。助けて〜

優しい電話応対で、いつ頃行けるか調整してすぐ電話くださるとのことでした。そしてものの数分で折り返し。迅速対応。

あまりにも近いため、15分くらいで来てくれましたが、あと数分長く片付ける時間が欲しかったくらい。普段からの片付け、整頓が大事ですな。でも私は最低限のクオリティどまりの仕事は非常に早いタイプなので、速攻で玄関と洗面所及び、なんか作業に水使うかも?と風呂場を片付けて、というか主に業者さんにお見せしづらいものを隠しました。

うちね、来た人みんな言いますけど物が少なめなんです。家族多いのでね、洗面用品とか化粧品とかそれぞれが持ちたいだけ物を増やすというわけにはいかないのです。

であっても、工事の人があと15分で来るとなると片付けはまあまあ大変です。

結果、蛇口取り替えです。

シャワーのホースになっているタイプのね、伸びる部分の蛇腹が経年劣化して水漏れするんです。数年前キッチンの水道でも同じことが起こりました。

f:id:hanntan:20210116120151j:plain

普通の蛇口ですが

f:id:hanntan:20210116120233j:plain

伸びます。ここがだんだん劣化する

あまり派手に水漏れしないので、気づきにくいんですよね。

ぽたぽた、じわじわ漏れているので。

たまにシンク下など異常がないか覗いてみると良いと思います。

応急処置で、後日見積もり及び工事です。シャワー付き水栓丸ごと交換することにし、だいたい5万円くらいですって。痛手だわ。住宅設備とか、家電とか、普段使っているものもやがて寿命がきて突然お金がかかりますよね。

この水栓はだいたい17、8年くらい毎日使用している設備です。長持ちしたほう?